これを言うと面接官に失望される?NG志望動機3つ

就職・転職の際、必ず訊かれる志望動機。どこまで本音を晒して良いのか、逆に何を言うと嘘っぽくなってしまうのか。答え1つで面接官への印象が大きく変わってしまう、大切な項目ですよね。

今回、実際に就職・転職活動をした際に、面接にて発言した希望動機の中でも、特に面接官からの反応が良くなかったもの3つをご紹介します。

緊張のあまりつい口をついて出た、面接官との話が盛り上がりすぎて言わなくて良いことまで言ってしまった……など、シチュエーションも交えてのケーススタディにご利用ください。

1.研修内容が充実しているから

まず始めに、「研修内容が充実しているから」です。

全うな志望動機では?と思われるかもしれませんが、実は少し問題があります。それは、企業からあなたを見たときに積極性に疑問があると思われてしまうというところ。

「御社の研修に魅力を感じました。ここで力をつけたいです」と言われた面接官は、「力をつけて何をしたいのか?」「自分で学ぶという考えには至らないのだろうか?」と、考えてしまうわけです。

つまりこの回答をするなら、現在自分でもスキルアップに取り組んでいるが、さらにそれを伸ばすための研修に魅力を感じている、なぜなら1日もはやく御社の社員として貢献できるようになりたいから、と、前後をつけて答える必要があるのです。

論理的で具体的な志望動機を答えることで、面接官はあなたの考えていることやこれからの目標について理解をしてくれるのです。

2.前職で辛いことがあったから

転職での面接の際に、ついついやってしまいがちなのですが、愚痴はNGです。

人間関係、職場環境、賃金など、嫌なことがあるのはわかりますが、それを面接の場で聞かされたとき、面接官は「うちの会社で似たような状況が起こった場合、この人はまたすぐに辞めてしまうのでは?」と、採用後への不安を抱いてしまいます。

長く働いてくれる人を採りたいのが企業の思惑。面接官が真摯に話を聞いてくれる方でも、愚痴はぐっとこらえておきましょう。どうしても伝えたいなら、そのときに自分はどのように改善策を取り、どのような効果や経験を得たか伝えると良いでしょう。

嫌なことがあったから辞めたというマイナスアピールではなく、困難な状況にも立ち向かえるというプラスアピールに変えてしまうのです。

3.独立を目指している

起業のために経験を積みたい、と正直に言い過ぎたパターンです。基本的に企業は自社で長く働く人を採用したいと思っています。

折角業界ノウハウを教えても、その後独立して旅立ってしまうのでは企業は教え損です。スキルを身に付けたいなら、逆に授業料としてお金を払ってほしいと思う面接官もいるでしょう。

高い意欲はアピールできますが、すぐ辞めそう、または生意気とも受け取られます。

滅多なことは言わない方が吉です。業界研究の成果を披露したりして、学ぶことに誰よりも前向きであること、積極的であることを伝えるに徹するのがいいでしょう。

熱意があるのはプラスになります。

まとめ

以上、志望動機3つのNGでした。

いかがでしたでしょうか?こんなこと言うわけないと思った方もいるでしょう。しかし面接は何が起こるかわからないもの。ついうっかり、なんてことにならないためにも、志望動機は事前にしっかり固めて起きたいものですね。

採用担当者が会いたくなる志望動機の書き方

1.志望動機とは

 採用担当者が選考を通して知りたいのは、端的に言えば以下の3つだけです。

① なぜ自社を志望しているのか(モチベーション)
② 自社に貢献できる能力があるか(スキル)
③ 人柄はどうか(コミュニケーション)

③に関しては、書類選考で窺い知ることは難しく、面接を通して選考することになります。

つまり、書類選考で知ろうとしているのは上記の①及び②であり、この2点を簡潔に伝えるためのものが『志望動機』なのです。

志望動機以外の欄(長所・短所・自己PR等)は志望動機を裏付けるための間接的な資料でしかありません。たった1枚の書類を通して①、②をいかに伝えるかが重要になります。

2.志望動機の書き方

志望動機は3段落で記載するのが基本です。順番に具体的な内容を説明します。

(1)なぜこの業界で働きたいか

就職(転職)をするにしても世の中には多種多様な仕事があり、その分だけ企業が存在します。まずは、様々な業界があるなかで、なぜこの業界なのかについて記載します。例えば、「○○が好きだから」という理由はわかりやすいですが、インパクトはありません。なにかしらの経験(エピソード)に基づいたものにすることで説得力は増します。

(2)なぜこの企業で働きたいか

前段で業界が絞ったら、次は企業を特定します。この部分が明確でないと、採用担当者にとっては「うちは滑り止めだな」という印象になってしまいます。しっかりと志望している企業のことを研究しましょう。その上で、サービス名や商品名、その企業特有の強みや取り組みを具体的に提示しながらまとめていくことが大切です。

(3)どのように貢献できるか

当然ながら採用担当者は、自社に貢献できる人間を採用したいのです。新卒の方であれば、性格的な強み等、多少抽象的でも許されます。一方、既卒(転職)の方については、即戦力であることを求められるため、これまでのキャリアで得たスキルを明示する必要があります。その前提として、その企業がどのようなスキルを求めているかを理解しておく必要があります。企業の採用ホームページを訪問し、採用コンセプトや採用担当者のメッセージは必ず熟読しておきましょう。

3.志望動機と他の欄の関係

履歴書やエントリーシートには一貫性が必要です。一貫性のない履歴書から人間性をイメージすることは難しく、「会ってみたい」という意欲が湧きません。

例えば、志望動機に「分析力を活かしたい」と記載があったとして、趣味が「将棋」ならその人のイメージを形成できます。

しかし、趣味が「飲み会」だとちぐはぐな印象になってしまいます。履歴書は志望動機を中心に、その他の欄を整えていくイメージで作成すると良いでしょう。

志望動機の本音と建前の差を埋める

志望動機は採用の決め手の一つといっていいほど重要な判断基準の一つです。

そういうことから採用する企業が期待する志望動機と、応募している面接者側の志望動機がまさしく一致すれば問題なく、そして極めて採用確率が高くなるといっていいはずです。

しかし、現実にはそこまで一致するのは極めてまれといっていいと思います。どうしても企業は求める人材として採用条件や労働条件と比較して高い能力の人を採用しようとしています。

志望動機も企業の求めるものや企業風土に沿ったものを期待しすぎるきらいがあります。

一方で採用面接を受ける側としては個人の希望もあり、必ずしもその企業、もしくは今回求められている人材像としての志望動機と一致するというのはなく、偶然一致するしかないということのほうが多いといわざるを得ません。

そのような状況でありながらも、面接を受ける側としてはやはり採用してもらうためにその志望動機をできるだけ企業の求めるものに近づける必要があります。

ただ、まったく自分の考えている志望動機とかけ離れたものを面接時の演技だけで済まそうとするのも大きな失敗となる可能性もあります。

まったく合わない自分の志望動機で入社してもその後、ギャップに悩むことになってしまうほうが多いといえるでしょう。

やはり、自分の志望動機の中で企業に沿うものを見つけ出しそこに可能性があるということをお互いに確認できるところまでもっていけるようにすることがベストの志望動機の作り方といえます。

ただ、企業規模が大きいということや会社が安定しているというような内容の志望動機ではかなり難しいといえるでしょう。

やはり業務内容におけることで自分が得意なことを活かせたりやりたいことであるということがアピールできることが大切です。

そしてのその志望動機によって企業で働くことにより貢献できるところまで話を展開できれば面接は失敗なくできたといえるでしょう。自分の意思を伝えるときは本音を言いたいということもあります。

しかし本音ばかりをさらけ出してしまっても相手の希望に応えることはできません。

だからといって建前を重要視しすぎるあまり、自分の志望動機とかけ離れては入社後苦労することも目に見えていますし、そもそも面接時にも非常に不自然にうつるでしょう。

やはり志望動機は本音と建前を意識しつつできるだけその差を埋めるような内容を十分に考えてから面接に望むようにするのがベストだといえます。

志望動機のヒントは過去にある

筆者は転職者であり、こうして文章を書いている間も「次の仕事は何を目指そうか」と妄想を巡らせているのです。

今まで携わって来た業界・職種は自動車の販売と買取、部品の販売業など。割と特定の業種に固まっているし、職種も営業職とそれに近い所に留まっている。

現在は、事情があって自動車とは全く無縁の業界に居るし、職種も色んな作業をするので定まっていない。曖昧模糊とした状態にある。次を模索中というのが正確な立場だろうか。

自分自身の過去を振返っても、偶然に自動車の業界に居ただけで、そもそもはそれをやろうとも思っていなかった。

人のご縁で今が有る様なもので、そこには明確な志望動機などはなかった。ただ、転職と言う場面では、やっぱり動機が無ければだめだろう。

それも明確で「なぜ、それをやりたいのか。」と言うレベルではなく、ある種の「使命」を帯びた理由が必要である。

中途採用の場合は、言ってみればパズルのピースを上手くはめる作業に近い。

これは採用企業側からの視点だけれど、パズルが上手く嵌って綺麗な絵になり、そして、価値を生まなければならないからだ。

言い換えれば「何故君を採用したかを考えてごらん」と言う部分になる。即戦力として期待されるからだ。プロ野球で言えば「助っ人外国人」がそれなりの成績を残さないと即解雇となるのに近い。それ位厳しいのだ。

では、そこに至るまでにどうやって志望動機を固めて行くか。

根無し草人生を送って来た筆者としては、何とも言い難い部分だけれど、その時によって「大体こんな感じだろうから」と言うのも、単なる言い訳になって仕舞うパターンだろう。「感じ」ではダメなのだろう。

そこで求められるのは、過去の業績や学業や短期のバイト等で得られた職業経験や人生経験。

そして、その人の持つ価値観である。そうした要素が職業を選ぶ中で軸となり、発展して、飛び込もうとしている会社での仕事観や求める人材像に適合すれば良いのだろう。

「志望動機」。書いて字の如く「望むべき志」と「その動機づけ」である。漠然としたビジョンでも良いだろうし、長年抱いていた夢を実現するにはどうしたら良いのかと言う、若干曖昧なイメージでも良いと思う。求人票を見て「閃いた」のなら尚良いと思う。

閃くと言うのは、潜在意識の中に眠っていた動機や希望に光が降り注いだ瞬間でもあるので、直感は大切にしても大丈夫でしょう。

これから就職する人、転職を考えている人。両方に言える事ですが、こういう混沌とした時代だし、明日は何が起こってもおかしくない世の中ですから、やりたいと思う事をどんどん実践して行ったら良いのではないかと思います。

失敗しても挫けず、取組めていければ儲けもの。そういう考えで良いと思います。

「やってみなはれ」と偉人は言う。

志望動機は何でも良い。それを貫いていける意気込みが有ればそれで良いと感じます。

大志を抱け。