志望動機の本音と建前の差を埋める

志望動機は採用の決め手の一つといっていいほど重要な判断基準の一つです。

そういうことから採用する企業が期待する志望動機と、応募している面接者側の志望動機がまさしく一致すれば問題なく、そして極めて採用確率が高くなるといっていいはずです。

しかし、現実にはそこまで一致するのは極めてまれといっていいと思います。どうしても企業は求める人材として採用条件や労働条件と比較して高い能力の人を採用しようとしています。

志望動機も企業の求めるものや企業風土に沿ったものを期待しすぎるきらいがあります。

一方で採用面接を受ける側としては個人の希望もあり、必ずしもその企業、もしくは今回求められている人材像としての志望動機と一致するというのはなく、偶然一致するしかないということのほうが多いといわざるを得ません。

そのような状況でありながらも、面接を受ける側としてはやはり採用してもらうためにその志望動機をできるだけ企業の求めるものに近づける必要があります。

ただ、まったく自分の考えている志望動機とかけ離れたものを面接時の演技だけで済まそうとするのも大きな失敗となる可能性もあります。

まったく合わない自分の志望動機で入社してもその後、ギャップに悩むことになってしまうほうが多いといえるでしょう。

やはり、自分の志望動機の中で企業に沿うものを見つけ出しそこに可能性があるということをお互いに確認できるところまでもっていけるようにすることがベストの志望動機の作り方といえます。

ただ、企業規模が大きいということや会社が安定しているというような内容の志望動機ではかなり難しいといえるでしょう。

やはり業務内容におけることで自分が得意なことを活かせたりやりたいことであるということがアピールできることが大切です。

そしてのその志望動機によって企業で働くことにより貢献できるところまで話を展開できれば面接は失敗なくできたといえるでしょう。自分の意思を伝えるときは本音を言いたいということもあります。

しかし本音ばかりをさらけ出してしまっても相手の希望に応えることはできません。

だからといって建前を重要視しすぎるあまり、自分の志望動機とかけ離れては入社後苦労することも目に見えていますし、そもそも面接時にも非常に不自然にうつるでしょう。

やはり志望動機は本音と建前を意識しつつできるだけその差を埋めるような内容を十分に考えてから面接に望むようにするのがベストだといえます。