採用担当者が会いたくなる志望動機の書き方

1.志望動機とは

 採用担当者が選考を通して知りたいのは、端的に言えば以下の3つだけです。

① なぜ自社を志望しているのか(モチベーション)
② 自社に貢献できる能力があるか(スキル)
③ 人柄はどうか(コミュニケーション)

③に関しては、書類選考で窺い知ることは難しく、面接を通して選考することになります。

つまり、書類選考で知ろうとしているのは上記の①及び②であり、この2点を簡潔に伝えるためのものが『志望動機』なのです。

志望動機以外の欄(長所・短所・自己PR等)は志望動機を裏付けるための間接的な資料でしかありません。たった1枚の書類を通して①、②をいかに伝えるかが重要になります。

2.志望動機の書き方

志望動機は3段落で記載するのが基本です。順番に具体的な内容を説明します。

(1)なぜこの業界で働きたいか

就職(転職)をするにしても世の中には多種多様な仕事があり、その分だけ企業が存在します。まずは、様々な業界があるなかで、なぜこの業界なのかについて記載します。例えば、「○○が好きだから」という理由はわかりやすいですが、インパクトはありません。なにかしらの経験(エピソード)に基づいたものにすることで説得力は増します。

(2)なぜこの企業で働きたいか

前段で業界が絞ったら、次は企業を特定します。この部分が明確でないと、採用担当者にとっては「うちは滑り止めだな」という印象になってしまいます。しっかりと志望している企業のことを研究しましょう。その上で、サービス名や商品名、その企業特有の強みや取り組みを具体的に提示しながらまとめていくことが大切です。

(3)どのように貢献できるか

当然ながら採用担当者は、自社に貢献できる人間を採用したいのです。新卒の方であれば、性格的な強み等、多少抽象的でも許されます。一方、既卒(転職)の方については、即戦力であることを求められるため、これまでのキャリアで得たスキルを明示する必要があります。その前提として、その企業がどのようなスキルを求めているかを理解しておく必要があります。企業の採用ホームページを訪問し、採用コンセプトや採用担当者のメッセージは必ず熟読しておきましょう。

3.志望動機と他の欄の関係

履歴書やエントリーシートには一貫性が必要です。一貫性のない履歴書から人間性をイメージすることは難しく、「会ってみたい」という意欲が湧きません。

例えば、志望動機に「分析力を活かしたい」と記載があったとして、趣味が「将棋」ならその人のイメージを形成できます。

しかし、趣味が「飲み会」だとちぐはぐな印象になってしまいます。履歴書は志望動機を中心に、その他の欄を整えていくイメージで作成すると良いでしょう。