これを言うと面接官に失望される?NG志望動機3つ

就職・転職の際、必ず訊かれる志望動機。どこまで本音を晒して良いのか、逆に何を言うと嘘っぽくなってしまうのか。答え1つで面接官への印象が大きく変わってしまう、大切な項目ですよね。

今回、実際に就職・転職活動をした際に、面接にて発言した希望動機の中でも、特に面接官からの反応が良くなかったもの3つをご紹介します。

緊張のあまりつい口をついて出た、面接官との話が盛り上がりすぎて言わなくて良いことまで言ってしまった……など、シチュエーションも交えてのケーススタディにご利用ください。

1.研修内容が充実しているから

まず始めに、「研修内容が充実しているから」です。

全うな志望動機では?と思われるかもしれませんが、実は少し問題があります。それは、企業からあなたを見たときに積極性に疑問があると思われてしまうというところ。

「御社の研修に魅力を感じました。ここで力をつけたいです」と言われた面接官は、「力をつけて何をしたいのか?」「自分で学ぶという考えには至らないのだろうか?」と、考えてしまうわけです。

つまりこの回答をするなら、現在自分でもスキルアップに取り組んでいるが、さらにそれを伸ばすための研修に魅力を感じている、なぜなら1日もはやく御社の社員として貢献できるようになりたいから、と、前後をつけて答える必要があるのです。

論理的で具体的な志望動機を答えることで、面接官はあなたの考えていることやこれからの目標について理解をしてくれるのです。

2.前職で辛いことがあったから

転職での面接の際に、ついついやってしまいがちなのですが、愚痴はNGです。

人間関係、職場環境、賃金など、嫌なことがあるのはわかりますが、それを面接の場で聞かされたとき、面接官は「うちの会社で似たような状況が起こった場合、この人はまたすぐに辞めてしまうのでは?」と、採用後への不安を抱いてしまいます。

長く働いてくれる人を採りたいのが企業の思惑。面接官が真摯に話を聞いてくれる方でも、愚痴はぐっとこらえておきましょう。どうしても伝えたいなら、そのときに自分はどのように改善策を取り、どのような効果や経験を得たか伝えると良いでしょう。

嫌なことがあったから辞めたというマイナスアピールではなく、困難な状況にも立ち向かえるというプラスアピールに変えてしまうのです。

3.独立を目指している

起業のために経験を積みたい、と正直に言い過ぎたパターンです。基本的に企業は自社で長く働く人を採用したいと思っています。

折角業界ノウハウを教えても、その後独立して旅立ってしまうのでは企業は教え損です。スキルを身に付けたいなら、逆に授業料としてお金を払ってほしいと思う面接官もいるでしょう。

高い意欲はアピールできますが、すぐ辞めそう、または生意気とも受け取られます。

滅多なことは言わない方が吉です。業界研究の成果を披露したりして、学ぶことに誰よりも前向きであること、積極的であることを伝えるに徹するのがいいでしょう。

熱意があるのはプラスになります。

まとめ

以上、志望動機3つのNGでした。

いかがでしたでしょうか?こんなこと言うわけないと思った方もいるでしょう。しかし面接は何が起こるかわからないもの。ついうっかり、なんてことにならないためにも、志望動機は事前にしっかり固めて起きたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です